食物アレルギー対してアレルギー対応ケーキやザイザル

鶏卵、牛乳、ピーナッツは食物アレルギーの3大アレルゲンと言われています。
鶏卵や牛乳は子どもの好きなケーキの主原料となることも多く、これらの食品にアレルギーを持っている子どもはケーキが食べられなくなってしまいます。
お祝い事の最中に自分だけケーキが食べられないというのは、かなり辛いことです。
そういう子どもにも配慮したのが、アレルギー対応ケーキです。アレルゲンとなる卵や牛乳を使わずに、代用食品で作られています。
例えば、牛乳の代わりに豆乳やココナッツミルクを使ったり、といった工夫がされています。小麦アレルギーの人も多いので、米粉を使うなどの配慮もされています。アレルギー対応ケーキというと味気ないイメージがありますが、プロが作ったものは、ちゃんと美味しさを感じられるように作られています。
ケーキの材料に食物アレルギーを持つ子どもでも、アレルギー対応ケーキならば安心して食べることが出来ます。
食物アレルギーは本人も家族も非常に大変です。特によく料理に使う食材だと、苦労が増えます。例えば、日本ではおなじみの食材であるごまも、アレルギーを引き起こすことがあります。多いのは、ごま油などではなく、すりごまです。反応性としては弱い順から、ふりかけのごま、ごま油、すりごま、となっています。アレルゲン物質のタンパク質はごまの内部に存在しているため、すりごまは反応性が高くなってしまうと考えられています。
すりごまアレルギーでは、蕁麻疹が出ることもあります。
蕁麻疹に対しては、花粉症の抗アレルギー薬として使われているザイザルが有効な場合もあります。ザイザルはヒスタミンの受容体をブロックすることで、ヒスタミンを放出できなくして症状を抑えます。
全ての症状でザイザルが使えるわけではありませんが、蕁麻疹には効果が期待出来るということを知っておきましょう。