アトピー肌やアレルギー性結膜炎に効くザイザル

ザイザルは副作用の少ない抗ヒスタミン剤で、花粉症などのアレルギー性鼻炎および慢性的な湿疹・皮膚炎などを緩和する医薬品です。副作用として軽度の眠気、倦怠感、渇きや頭痛などがありますが、いずれも軽度のもので、即効性に優れ、高い安全性が保証された薬です。形状としては錠剤が有名ですが、飲みやすくしたシロップも存在します。特に花粉症やアトピー肌の痒みに効果が出るため、多くの人が服用しています。
ザイザルによって抑えられるヒスタミンという物質ですが、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどのアレルギーを引き起こしますが、脳内で集中力や記憶力を高める物質でもあります。そのため抗ヒスタミン剤であるザイザルを服用すれば、ヒスタミンを抑えることによって、アレルギー性の症状を緩和しつつ、集中力や記憶力を低下させることになります。
さてこのザイザルの効能・効果は、アレルギー性鼻炎を中心に様々な症状に効き目があります。ですがアレルギー性結膜炎については触れられていません。はっきりした効果が出ないために表記されていないのですが、アレルギー性である以上は、結膜炎にも有効と言えます。ただ注意してもらいたいのが、痒みに対してであって、炎症そのものを抑えるわけではないため、あくまで軽症の場合となります。重傷であれば点眼薬やステロイド剤の服用が必要になるでしょう。またせっかく痒みを抑えているのですから、その後の肌や目のケアが重要になってきます。
いずれにしても、結膜炎への効果は保証されていませんが、アレルギー性であれば、ザイザルが有効なことに違いはありません。
ザイザルは効果が持続する薬のため1日1回の服用で十分です。アトピー肌や結膜炎で目が痒いからといって何度も服用しないように注意してください。副作用が少ない医薬品だからと言っても、悪い効果は確実に出てきます。