花粉症対策の治療薬とザイザル有効性

花粉症対策として一般に用いられるのが抗ヒスタミン薬です。
花粉症はアレルゲンとなる花粉に刺激された肥満細胞が、ヒスタミンなどの物質を放出することにより起こります。
過剰なヒスタミンがヒスタミン受容体というタンパク質と結合して、鼻水・かゆみ・発赤などのアレルギー症状を引き起こします。
抗ヒスタミン薬はヒスタミンと受容体の結合を妨害することで、アレルギー反応を抑える効果があります。
抗ヒスタミン薬は第一世代と第二世代に分けられます。
第一世代は効き目は強いものの、眠気などの副作用も強いのが特徴です。
第二世代は効き目は穏やかですが、副作用が少ないことがメリットです。
ザイザルは第二世代に分類される抗ヒスタミン薬ですが、その中では有効性が高いことで知られています。
その割には眠気も少ないとされていて、医師にも愛用している人が多い薬です。
ただし誰にでも同じように効くわけではありません。
抗ヒスタミン薬には幾つもの種類があり、人によって有効性が違うので、自分に合った薬を見つけるのが大切です。
ザイザルは1日1回、夜眠る前に服用すれば、効果が24時間持続します。
錠剤のほかにシロップもあります。
花粉症の症状が出る前に飲むほうが有効だという説と、出てから飲んでも効くという説があり、はっきりした結論は出ていません。
抗ヒスタミン薬に共通の副作用として、服用後の眠気が挙げられます。
ザイザルも例外ではないので要注意です。
眠る前に服用すれば、かえって好都合ですが、自動車の運転などは避けるようにしてください。
このほか頭痛や倦怠感、吐き気やめまいなどの症状が現れることもあります。
副作用の兆候を感じたら、服用を中止して医師に相談しましょう。

ザイザルの成分と副作用について

ザイザルは、抗アレルギー剤に分類されているヒスタミンH1拮抗薬であり、アレルギー性鼻炎や皮膚炎、蕁麻疹、皮膚そう痒症、痒疹の症状改善に有効とされる医薬品の一つです。
ザイザルは、セチリジンの光学異性体のR体であるレボセチリジンとS体であるデキストロセチリジンのうち、R体であるレボセチリジンを含有する医薬品です。
ザイザルの主成分であるレボセチリジンは、ヒスタミンレセプターへのブロック作用がデキストロセチリジンよりも30倍強く、薬の効果持続時間も約2時間弱長い特徴があります。
ザイザルは、一般的に服用後1時間で最高血中濃度に到達するとされ、薬の半減期が約7時間とされていますが、レボセチリジンはデキストロセチリジンよりも代謝酵素の影響を受ける為に薬効に個人差が出易い医薬品です。
副作用としては、眠気や倦怠感、口渇、嘔気、食欲不振、蕁麻疹などの比較的軽い症状からASTやGOT、ALT、GPTの数値が著しく上昇する肝機能障害や房室ブロック、心房細動、ウロビリノーゲン異常、アナフィラキシー様症状などの重篤な症状を発現するケースもあり、更に睡眠障害や抑欝、激越、攻撃性、無力症など精神的な副作用症状も発現するケースがあります。
テオフィリンやリトナビルとザイザルの併用服用は、主成分であるレボセチリジンの曝露量の増加させたり、腎臓によるレボセチリジンの排泄作用を阻害し、中枢神経の働きを抑制する薬剤やアルコールとの相互作用は中枢神経抑制作用を増強するので注意する必要があります。
特に血液脳関門を通過するエタノールアミン系薬剤は、バルビツール酸系の薬剤よりも中枢神経へ強い作用効果を有するので服用には注意が必要です。

花粉症の時期と対策方法について

花粉症はアレルギーの一種で植物の花粉が目や鼻に付くことで、鼻水、くしゃみが頻発したり、鼻づまりになったり、目がかゆくなったりする症候群です。
原因となる花粉は、ほぼ一年中飛散しています。
花粉の種類によって人それぞれ症状が発生する傾向が異なります。
特に罹患者が多いのが春先に飛ぶスギ花粉です。
その後を引き継ぐようにヒノキの花粉が飛びます。
両方で2月から5月までが飛散量の多い時期です。
最近では秋にも花粉症の症状が見られます。
夏の終わり頃からブタクサやイネがピークを迎えます。
一次的な対処方法として一番わかりやすいのは、花粉が目や鼻につかないようにすることです。
接触がなければ、症状は発生しません。
しかし肉眼で見える大きさではないことと、かなりの量が飛散しているため、そう簡単に防ぐことはできません。
外出を控えたり、帰って来たら玄関先で服を叩いてから入ったり、こまめに手を洗ったりすることで室内に入る花粉の量を減らすことができます。
また、外出時にはマスクやメガネなどを使う方法で低減することができますしかし、完全に付かないようにすることは不可能です。
そこで二次的な対処方法として、アレルギーの発生を抑えると言うものです。
市販の薬も何種類かありますが、処方箋の方が有効成分が多く含まれています。
そのひとつであるザイザルはアレルギー全般を改善する薬です。
アレルギーが引き起こされる作用をザイザルが先に対応することで発生しないようにする働きがあります。
一日一回飲めば効き目が持続します。
主な副作用として眠気を催すことがあるので、寝る前に服用することで生活に支障を与えないように工夫ができます。
ザイザルは花粉症だけでなく蕁麻疹や皮膚のかゆみなどにも効果があります。